2021年にFIFA選手の心臓突然死が5倍に増加


Real-Time News(イスラエル)の速報:2021年のFIFA選手の怪我以外の死亡者数は5倍増

2021年、183人のスポーツ選手やコーチが突然倒れた。そのうち108人が死亡している。レポートによると怪我と無関係にアスリートが倒れるという現象はほとんどない。

では、この突然の原因は何か?

Real-Time Newsの調査では、負傷したり死亡した選手のリストを紹介している。このリストを分析してみると、ほとんどは男性で17歳~40歳の選手が圧倒的に多く、ほとんどの場合、症例は心筋炎、心膜炎、心臓発作、心停止などの心臓関連であることが報告され、次に血液凝固現象である。

また、FIFAに登録選手の死亡に関するデータのみを対象として、これらの選手のSCD(心臓突然死)SUD(原因不明の突然死)の件数について、過去のデータと2021年の件数を比較した。

過去20年間(2001年~2020)FIFA選手で実際に死亡した件数を知るために、Wikipedia-「プレー中に死亡したFIFA選手リスト」を利用し、2021年はReal-Time Newsのリストを使用した。

ヘブライ大学の社会学・人類学部門および犯罪学研究所のジョシュ・ゲツコウ博士が分析し、"British Medical Journal "に掲載された論文によると、SCDのリスクは5万人に1人とされている。FIFAのデータによると、2000年には242,000人の選手が協会に登録されていたが、2006年には265,000人の選手が登録していた。20年間でFIFAが大きく変わっていないと仮定すると、1年に5人程度の死亡者が出ると予想できる説明している。

「プレー中に死亡したFIFA選手リスト」によると、2001年から2020年にかけて、SCDまたはSUDに起因する死亡者数は年間平均4.2人で、そのほとんどがSCDであるという。一方、2021Real-Time Newsのリストによると、FIFA選手のSCD/SUDの症例は21件であった。これは、2001年から2年間、年間45件のSCD/SUDによる死亡者であったものが、今年はすでに21人の選手が死亡していて、年間平均の約5倍も多いことを示している。


=====

実に衝撃的なデータであり、症例からみてワクチン接種が原因と考えられる。

この情報はTwitterに掲載されていたが、本日削除されており、あらためて、拡散させていただく。

DS側はFIFA選手など有名人に障害・死亡をもたらすことで、もう薬害犯罪を隠さなくなった。人々が目覚める前に多くを殺し、手遅れになることを目指している。

スロベニアでは医療従事者の内部告発で、同一メーカーワクチンに数種類が存在し、このうち政治家とエリート向けのプラセボが使われていることが判明した。政治家とエリート以外の人々は殺処分される。

https://stephenc.substack.com/p/5-fold-increase-in-sudden-cardiac




https://gab.com/memphis8992/posts/107347830327296715