NASAは月を核武装させたいと考えている 


米国政府は、10年後までに月へのミッションのために、核分裂による表面電力システムを提案している。(AP通信)


「信頼性のある高出力システムを月に提供することは、有人宇宙探査の重要な次のステップであり、それを達成することは我々の手の届くところにある」とFission Surface Power Projectのリーダーは語った。


原子炉は地球上で建設され、月に向けて発射される。直径12フィート、長さ18フィートの円筒の中に収まり、重さは13,200ポンドを超えてはならない。


バーンズ氏の言葉が聞こえるだろうか... "素晴らしい..."




https://gab.com/kuriei1017_/posts/107306101145591124