アメリカ、カナダ、メキシコ、オーストラリア、アジア、ヨーロッパ全域の地下に張り巡らされた洗練されたネットワークの地下深部軍事基地(DUMBS)で、拷問された栄養失調の子供や数万人の死体が発見されました。20191016日、カリフォルニア州のチャイナレイク海軍施設の地下で檻に入れられた2100人以上の乳幼児を救出したのを皮切りに、米軍特殊部隊は1年以上前から救出作戦の訓練を行っていた。


檻に入れられた子供たちは、人体実験、臓器摘出、拷問のようなマインドコントロール、性的搾取、アドレナクロームの製造(心に傷を負った子供の血を飲むと老化が止まり、「ハイ」になると信じられていた)、サタンに敬意を表した子供の生け贄の儀式などを行っていた。


世界各地で行われた膨大な子供の救出作戦は、トランプ大統領、ペンタゴンのロリコンタスクフォース、インターポールと協力したアメリカの特殊部隊や海兵隊、そして各国の特殊軍事部隊が指揮を執った。その中には、ロリコン加害者の逮捕や、小地震を起こす爆弾による地下トンネルや基地の破壊も含まれていた。96日(日)。96日(日)には、フィリピンの巨大なトンネルが破壊され、地震も発生した。


悪名高い小児性愛者ジェフリー・エプスタインの側近であるギスレーヌ・マックスウェルは、自分の命を守るために、世界的なトンネルネットワークに関与している世界各国の政府首脳、王族、企業トップに対して証言を行ってきました。その結果、反逆罪、小児性愛、児童売買、マネーロンダリング、司法妨害などの容疑で、世界中で何千人もの人々が逮捕されました。マクスウェルが、彼らがどこで拘束され、虐待され、儀式的に殺されたかの情報を提供したため、子供たちは世界中で救出され続けています。


※[少なくとも第二次世界大戦末期から、CIAの闇予算を介して米国の税金を使って、イルミナティ、ディープステート、カバルのメンバーが資金を調達し、建設、運営していると考えられていた。しかし、もっと深いところには古代のトンネルが存在していた。ダムズ パート2

https://youtu.be/-cogTtoYz-A ]


アメリカの都市の地下を走る地下トンネルから、5万人以上のトラウマを抱えた子供たちや亡くなった子供たちが回収されています。オーストラリア軍は最近、メルボルンの地下トンネルで30万人以上の拷問を受けた子どもたちを発見しました。今後数週間のうちに、オーストラリアの地下を一周するネットワークから100万人以上の子どもたちが連れ出されるだろうと推測されています。


バチカンが運営しCIAが資金を提供する国際的な児童売買組織 が、毎年行方不明になる何千人もの子供たちの原因となっていた。アリゾナ州やカリフォルニア州の保護局をはじめとする有名な組織によって、アメリカとイギリスのグローバルエリートや政治家の命令で子どもたちが盗まれていたのだ。 ユニセフ NATO アフリカの多くの子供のための慈善団体 ハリウッド の人々は、洗練されたトンネルネットワークを使って子供を誘拐し、拷問していると考えられていた。


この児童誘拐ネットワークが発見されたのは、ニューヨークやロサンゼルスを走るトンネルから、虐待を受けていた何千人もの子どもたちが発見され、救出された後のことである。最初のコヴィド19の「 パンデミック 」を装って、ニューヨーク港の USNSコンフォート病院船 とカリフォルニア沖の USNSマーシー病院船 で子供たちは治療を受けた。ニューヨークの国連やロサンゼルスのセンチュリー・シティは 外交問題評議会 の管理下にあり、子供の生け贄を行う悪魔崇拝者の温床として知られていた。


米国財務省の金塊運搬のプロであるチャーリー・ウォード氏は、いくつかのトンネルに入ったことがあるが、「ネバダ州では子供の救出作戦が本格的に動き出した。驚くべきことは、誰もがラスベガスはホラーショーの中のホラーショーになると思っていたことだ。


アメリカ財務省の金塊移動のプロであるチャーリー・ウォードは、いくつかのトンネルに入ったことがあり、「ネバダ州で子供の救出作戦が本格的に動き出した...驚いたのは、誰もがラスベガスはホラーショーの中のホラーショーだろうと思っていたことだ...ホラーショーはあったが、それはリノだった...リノの地下には、彼らが信じられないようなトンネルがあった...the DUMBs (大深度地下軍事基地)...このリノでの最後の一件は、たった7日前の話だ(2020517日に記録)。陰謀団はこの事件が起こることを知っています...だから、リノの地下トンネルで見つかった子供たちの大部分は死んでいました...死んでいるだけではなく、バラバラになっていました...彼らは、DNA検査をして、どの破片がどの胴体のものか、順番に並べ直そうとしています。恐ろしいことです。"


特殊部隊はメルボルンに入り、すでに巨大なトンネルシステムの下にもう一つの層を発見した。シドニーから始まったこの2つ目のトンネルは、網の目のようにオーストラリアをぐるりと囲んでいて、中央の大きなラインはエアーズロックに向かって伸びていた。ある夜、午後9時から午前67時までの間、エアーズロックでは23秒ごとに地震のような爆発音が報告されました。

https://gab.com/eugeneQAJF/posts/107198508368126016